米肌の美容液(肌潤改善エッセンス)の特長と効果

KOSE 米肌 肌潤改善エッセンス

ライスパワーNo.11を高濃度に配合!乾燥の原因を根本から改善する保湿美容液

KOSE米肌 肌潤改善エッセンス

ほのかに柑橘系のさわやかな香りがします。ジェル状の美容液なので少量でもよく伸びました。馴染ませた後はべたつかず、もちっとした質感になりちりめんジワも目立ちにくくなります。最初は美容液だけ米肌を使っていましたが、ライン使いした方が断然効果的!潤いの持続性がより高くなり、1日中乾燥を感じなくなりました。

日本で唯一肌の水分保持能を改善できる成分「ライスパワーNo.11」を高濃度配合した保湿美容液。みずみずしいテクスチャーなので、乾燥した肌にも瞬時に浸透。潤いを与えるだけではなく、自ら潤い成分セラミドをつくりだすので乾燥の原因を根本から改善し、ハリとツヤのある肌に整える特徴があります。保湿してもすぐに乾燥を繰り返す年齢肌にぴったりな美容液です。
2週間トライアルセット1,500円・税込
(肌潤石けん・肌潤化粧水・肌潤改善エッセンス・肌潤クリーム・肌潤化粧水マスク)
公式HPへ米肌 潤い体感セット

 

米肌から発売されている美容液、肌潤改善エッセンスは有効成分を角質層の隅々にまで届けつつ、肌本来の保湿力を高めることを目的している製品です。肌が乾燥していると有効成分が浸透しにくくなるだけでなく、角質層に留める働きも低下しているためせっかく水分や有効成分を補っても十分な効果が得られないこともあります。

肌潤改善エッセンスは浸透力が低下した肌にもおすすめ

KOSE米肌 肌潤改善エッセンス

そのため乾燥対策では単に保湿成分や水分を補うだけでなく、いかに角質層に浸透させることができるか、浸透させた水分と有効成分を長くとどめて効果を持続させることができるかが重要な鍵なのです。

 

この肌潤改善エッセンスではこの重要な点にこだわった成分と処方が取り入れられています。

 

まず浸透性をアップするために独自技術の「モイストインジェクション処方」が取り入れられています。

 

これは美容液に浸透型リン脂質を配合しており、これが角質層になじんでいく際に一緒に美容成分を引き込む形で浸透する仕組みの処方です。

 

有効成分だけではなかなか浸透しにくいところをこの浸透型リン脂質と組み合わせることで浸透性を格段にアップさせることができるのです。乾燥で肌が硬くなってしまっている方やターンオーバーの乱れで古い角質が蓄積してしまっている方などにはとくに大きなメリットとなる部分です。

 

さらにこのモイストインジェクション処方にはもうひとつ、エモリモントゲルが肌の表面にとどまることで有効成分を閉じ込める作用も備えています。

角質層の乱れやバリア機能の低下を改善できる美容液

KOSE米肌 肌潤改善エッセンス

一方では有効成分を角質層の奥にまで引き込み、もう一方では浸透した有効成分が蒸発して逃げ出さないように閉じ込める。二重の作用で保湿効果を最大限に高めることを目指しているのです。

 

この特別な処方によって肌に浸透するのが6種類の有効成分、ライスパワーNo11、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキス、グリコシルトレハロース、乳酸Na、グリセリンです。

 

とくにライスパワーNo11は米肌を象徴する成分でもあり、数十種類ものアミノ酸やペプチドを補い肌に栄養をもたらすことができます。

 

しかも保湿効果だけでなく、体内でのセラミドの生成を促す作用によって角質層の乱れやバリア機能の低下を改善できる面も魅力です。

 

このセラミドを増やすことで有効成分が浸透しやすくなり、先ほどの独自技術の処方との相乗効果でますます保湿を効率よく行っていけるようになります。

 

このように米肌の肌潤改善エッセンスを使うことで効果が長持ちする保湿ケアを行っていくことができます。保湿ケアをしたのにすぐに乾いてしまう、肌が刺激に敏感で安心して使える美容液がなかなかない、そんな悩みを抱えている方にとくにオススメできるアイテムといえるでしょう。
KOSE 米肌 肌潤改善エッセンスの公式HPで詳しく見てみる!>>

 

KOSE 米肌 肌潤改善エッセンス 48歳 乾燥肌・吹き出物ができやすい

1.その時のアナタの肌の悩み

KOSE米肌 肌潤改善エッセンス

保湿対策はしっかりしているつもりですが、時間が経つとカサつくことがあり毛穴も目立ちます。また部分的に皮脂もでやすく、吹き出物ができてしまいます。

 

2.その化粧品を選んだ理由

米肌は根本から乾燥肌を改善してくれるようなので、私の肌にぴったりだと思いました。

 

3.テクスチャーと使い心地・気になった点

シトラスの香りがします。ジェルのようなテクスチャーなので少量でも伸び、私はマッサージしながら馴染ませています。ベタベタしないのにしっとり潤う感じ。時間が経っても乾燥しにくく、毛穴がきゅっと引き締まる感じがします。吹き出物ができていた肌でもピリピリすることはありませんでした。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点

乾燥肌が改善され、吹き出物がでにくくなりました。潤うのにべたつかない使用感も私の肌に合っていたのかもしれません。さらにキメが整ったおかげでファンデーションのノリもよくなりました!

 

KOSE 米肌 肌潤改善エッセンスの公式HPで詳しく見てみる!>>

乾燥肌の人の保湿美容液の失敗しない選び方

乾燥肌の人は美容液で保湿をたっぷり行うことが重要です。ですから保湿成分をいかにうまく補うことができるかがまず第一、しかしそれだけではなく、乾燥してしまった肌をいかにうまく改善していくことができるかに着目したうえで化粧品としての総合的な効果や内容もチェックしていく必要があります。

乾燥肌の美容液選びではできるだけシンプルなものを!

乾燥肌の美容液

乾燥肌は乾燥だけでなくバリア機能の低下も大きな悩みの種です。

 

刺激に敏感になってしまっているのでそもそもスキンケアがうまくできずに無理に美容液を使おうとするとかえってダメージを与えてしまうことも多いのです。それを防ぐためにはまずできるだけ低刺激な製品を選ぶ必要があります。

 

合成界面活性剤、防腐剤のパラベン、合成香料、着色料といった肌に負担をかける恐れがある添加物は避けるのはもちろん、内容ができるだけシンプルなものを選ぶようにしましょう

 

乾燥肌だといろいろな美容成分を補いたくなるものですが、化粧品はたくさんの美容成分を配合しようとすればするほど刺激が強くなる傾向があります。

 

ひとつひとつの美容成分は安全でもたくさんの種類を一度に肌に補おうとすると刺激になってしまうことがあるからです。

 

またたくさんの成分を配合するほど化粧品の持ちが悪くなる面もあるので防腐剤などの添加物が必要になる面もあります。できるだけ必要な成分が厳選されて配合されている製品を選ぶよう心がけましょう

乾燥肌は美容液でセラミドを補うことが重要

乾燥肌の美容液

そのうえで保湿成分をチェックしていくことになります。もっとも重視すべきはやはりセラミドです。乾燥肌は角質層に乱れが生じて水分が蒸発しやすい環境にあります。

 

これを改善しないことには水分や保湿成分を補っても失われてしまいやすいので十分な効果が期待できないのです。細胞間脂質のセラミドは角質細胞を結びつける働きで乱れてしまった角質層を整える効果を備えています。

 

まず角質層で水分を保つ働きとバリア機能を整えることを目的にセラミドをうまく補ってみましょう。

 

浸透性の高さならヒト型セラミド、刺激が気になる方はこんにゃく由来の植物セラミドが適しています

 

そのほかコラーゲン、ヒアルロン酸、スクワランなどの保湿成分ももちろんチェックしたいところ。

 

それから体内で保湿成分が作られる働きを促す成分も補ってみましょう。とくに加齢がもたらす乾燥は体内でコラーゲンやセラミドの生成量が減少してしまうのが大きな原因です。コラーゲンを増やすビタミンC誘導体やレチノール、セラミドを増やすライスパワーNo11などがオススメです。

 

米肌の保湿美容液、肌潤改善エッセンスはセラミドの生成を促すライスパワーNo11のほか、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスなど自然由来の保湿成分がたっぷりと配合されています。

 

このように肌の外と内の両方からアプローチできる保湿美容液を選んで乾燥肌の保湿対策にとりいれてみましょう。

乾燥肌の人の保湿美容液の上手な使い方

乾燥肌の問題点は化粧品に含まれている有効成分が浸透しにくい点です。表面がカサカサに乾燥して硬くなっていたり、角質層が乱れていたりといった理由でせっかく保湿成分を補っても十分な効果が期待できないことが多いのです。保湿美容液を使う際にはこの点に十分に注意したうえで上手に使っていきたいところです。

化粧水で肌を整えてから美容液をつけること

乾燥肌の美容液

まず基本中の基本として使う順番をしっかり心がけておきましょう。洗顔の後に化粧水を使って肌を整えた上で美容液を使うのが鉄則です。

 

洗顔後は汚れだけでなく水分や皮脂膜の皮脂まで洗い流されてしまっているため、いきなり美容液を使ってしまうと肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

ですから化粧水で肌を整えて美容液を使っても問題がない状態にしておく必要があるのです。

 

この順番も大事ですが、ちゃんと美容液を問題なく使える肌環境に整えることができるか、化粧水の使い方も意識しておきたいところです。

 

そして美容液の後には乳液とクリームを使います。美容液で補った水分と有効成分が蒸発して失われないために適度な油分で表皮にフタをするのです。

 

乾燥肌の人がこれをしっかり行っておかないとよい美容液を使っていてもその効果を実感する前に蒸発して失われてしまうなどの問題を抱えてしまいかねません。この美容液を使う順番は必ず踏まえておくようにしましょう。

美容液は手で温めてから肌に塗付するのがポイント

乾燥肌の美容液

朝の慌しい時間帯や夜仕事から帰ってきて疲れたときにはついつい必要なステップを省いてしまうことも多いだけに気をつけたい部分です。

 

美容液を塗布する際には手のひらにとったらすぐに塗付するのではなくしばらく温めましょう

 

肌の温度と大人と同じくらいまで温めることで肌になじみやすくなります。美容液は化粧品の中でもとくに浸透させることが重要だけにこれはけっこう重要です。

 

肌に塗付して伸ばしていく際には内側から外側へ、下から上へと意識して広げていくのが原則です。

 

とくにリフトアップ効果も備えた美容液の場合には下から上へ肌を持ち上げるような感覚で伸ばしていくとハリがアップする感覚を実感しやすいでしょう。

 

内側から外側へと伸ばしていく場合にはリンパを押し流す感覚で軽くマッサージするような感覚で行っていくとよいかもしれません。もちろん、指で肌を強くこすらずやさしくなじませていくのが大前提です。

 

ひと通りムラなく塗付し終わったら最後に手のひら全体で顔をやさしく包み込むハンドプレスで仕上げます。適度な力加減で手のひらを押し当てながら美容液を肌にじっくりとなじませていくことで浸透力をアップさせることができます

 

肌に刺激を与えることなくいかにうまくなじませることができるか。この基本を踏まえつつ上手に保湿美容液を乾燥肌対策にとりいれていきましょう。